アダルトコンテンツは今後どうなるのか

スマホ対応コンテンツとして、1番一般の人たちが楽しんでいるコンテンツは、間違いなくアダルトコンテンツだろう。

これは、人間の欲求として、しょうがないものなので、いい悪いで判断すべきではない。

最近では、電子コミック化したアダルトコミックが大ブームで、水無月三日が制作した夫は獄中、一方妻は・・・などの人妻モノのアダルトコミックがすごい人気だ。

そんな今のアダルトコンテンツ業界で、大きな問題になっているのが、違法コピーがインターネット上に大量に流されていることだ。

違法コピーのアダルトコンテンツは、アダルトな広告を貼り付けて無料で配信されている。最近は、このコピーの被害で、AV配信業者は存亡に危機に立たされているところもあるらしい。

これは、健全な日本経済の発展を妨げる危険な動きだと思う。

この違法コピーの問題を法律によって処罰しようという動きもあることはある。しかし、この違法コピー業者を摘発して配信をやめさせるのは、尋常なことではない。

おそらく、1つのサイトの違法コピー配信をやめさせるのに、1ヶ月もの時間を使って何十人もの担当者が手分けして仕事をすることになるはずだ。

それでは、この違法業者たちを全廃するのに、途方もない時間がかかってしまう。

だから、取り締まる方法論ではなく、日本経済の景気を良いものにして、個人個人が、たくさんお金を持ち、正規品を購入するだけの余裕を持たせることを実行した方がいいと思う。

この違法コピー問題は、日本経済の景気しだいだと言っていい。

それから、インターネットで流されている違法コピーの内容だが、日本製のアダルトコンテンツは、海外に比べれば非常に健全なコンテンツが制作されていると思う。

いろいろと、日本のアダルトコンテンツについては、言われることが多いが、海外のポルノの野蛮さや犯罪性に比べれば全く健全ということができる。

海外は、誘拐した女性や売春婦を徹底的に、痛めつけるような作品がたくさんある。

日本のアダルトコンテンツとは全く別世界のものだ。

日本にも、一昔前には、野外露出などの作品で問題を起こしたAVの会社は少なからずあった。

しかし、あの類のAVは、AV女優が完全に同意で出演しており、しっかりとお金ももらっている。

それに、公然猥褻はあったかもしれないが、誰も傷つけていない点に注目しなければならない。

若い世代の性への意識

NTRというジャンルのアダルトコミックがすごい人気になっている。NTRとは寝取りや寝取られの略語で自分の彼女や妻を別の男に抱かれたりすることに興奮する性癖のことだ。

10年くらい前では、まだ、特殊な性癖の1つとして認識されていて、今のように1番人気になるなんて誰が予想しただろうか。

NTRをテーマにしたカラミざかりなどのNTR同人誌は爆発的な人気作になっている。

最近では、このNTRが詐欺の道具として使われ出したりしているから、困ったものだと思う。

男性が女性に、自分がNTR願望が強いから、風俗で働いてくれなどと言って自分に金を貢がせるらしい。

いくらNTRの性癖があるといっても、自分の彼女を風俗で働かせるのはおかしいと常識人なら思うはずだが、今の若い女性の頭の中には、NTRの性癖への理解があるから、すんなりと風俗勤務を受け入れてしまう子もいるみたいだ。

この現象は、若い世代の人たちの考え方が文明的に進化してきたから起きているのか、もしくは、デフレ経済を10年以上も続けてきたから、こういう性癖が生まれてしまったのか。

個人的に思うが、この両方だろうと思う。

心配なのは、若者のこういった新しい性癖が、感染病や不倫社会の常識化などにつながって経済的にも肉体的にも破綻する人たちが多発することだ。

今のところ、この現象がいろんな社会的トラブルを生んだという話は聞かないが、これから、女性が働くことが常識となることから、不倫トラブルがたえず起こることは間違いないだろう。